Archive for 2015年5月22日

★法律の専門家があなたの悩みを解決!b型肝炎訴訟を知って弁護士に相談しよう!★

ウイルス性肝炎に感染している患者数は、国内において110万人から140万人は存在すると推計されています。このなかで、国の医療政策における集団予防接種で、注射器を使いまわした結果、b型肝炎に感染してしまった方が最大で40万人以上存在すると言われています。b型肝炎訴訟は、昭和23年から同63年までの間において、7歳までに集団予防接種を受けた方がb型肝炎ウイルスに罹患してしまった場合に、病態に応じて50万円から3,600万円を支払う和解案として平成24年より順次進められてきています。和解の対象となり給付金を受給できるかどうかは、裁判所において救済要件に合致するかどうかを証拠に基づいて認定することとされています。一般市民において、裁判所での救済認定は証拠書類の収集や時間的制約上、困難であることから法律のプロフェッショナルである弁護士や法律事務所に依頼することが一般的となっています。国も、弁護士・法律事務所への相談を後押ししており、救済金とは別に和解金の4%を弁護士費用として別途支給することとしています。都市圏を中心に、多くの弁護士がb型肝炎訴訟の相談会を定期的に実施しており、初回の相談料については無料で行っているところも非常に多いです。b型肝炎訴訟情報ナビは、おすすめの弁護士・法律事務所情報の他、事前に知っておきたい基礎知識についても詳しくご紹介しています。b型肝炎訴訟情報ナビを参考に、悩みや不安を早めに解決して早期和解を実現させましょう。

http://xn--b-mn0b818e2vo0glud.net/

b型肝炎訴訟情報ナビ※給付金や和解請求などの救済サイト